インフル発生の治療法はタミフル

風邪でもインフルエンザでも、あるいは他の病気でもそうですが、病気にならないための予防はとても大事です。風邪やインフルエンザの場合は、外から帰ったらうがいをする、あるいは手をこまめに洗うなどの方法があります。そして予防接種です。インフルエンザのように流行しやすい病気の場合は、特に予防接種は欠かせませんが、残念なことにインフルエンザには複数の型があり、また、その時々で変化するため、予防接種では対応できないこともあります。
そのような場合にお勧めなのが、薬をあらかじめ飲んで対処することです。特にインフルエンザの薬として有名なタミフルは、予防薬としても使えます。予防薬として使う時は、内科で処方してもらえますが、病気と診断されての処方でないため、保険が適用されず実費負担になることに気をつけておいてください。大流行している時などには、この方法が結構役に立ちます。
もちろん、インフルエンザに罹った場合も、タミフルはかなりの効果を発揮します。特に高熱が出るA型インフルエンザには、タミフルは非常によく効きますが、反面、B型インフルエンザにはあまり効かないこともあります。タミフルを飲んでいても今一つ効果が実感できない時は、かかりつけの病院に相談してみましょう。タミフルの効果が現れやすいのは、症状が出てから2日以内ですので、それより遅く処方してもらった場合は効きにくいこともあります。また、水分補給が足りないとか、部屋が乾燥している場合なども効かないことがあります。
それからタミフルといえば、副作用の異常行動が指摘されたことがありますが、今ではその点もかなり改善されています。しかし服用後どこかおかしいと感じた場合は、これも早めに医師に相談するようにしてください。