タミフルは飲まないけどインフル対策をしたい

タミフルとは、インフルエンザの薬で体内でインフルエンザウイルスが増殖するのを抑制する薬です。効果としては、インフルエンザの症状を抑制して、症状が出現している期間を短縮する作用があります。しかし、急性期のウイルスが増殖している時期に服用しないと期待できる効果が少なく、飲んでもすぐに症状が軽減できるわけではありません。具体的に言うと、インフルエンザの症状が出現してから48時間以内にタミフルを服用しないと効果は乏しいです。また、インフルエンザにはA型・B型に分類され、C型のインフルエンザや風邪など他のウイルスには効果がありません。その為、病院ではインフルエンザ陽性の診断が降りてからの服薬となり、気付いた時には適応外という事もしばしば見られます。タミフルの服用は48時間以上たつと効果が得られないので、急性の発熱・関節痛などの症状が見られたら、早期に病院を受診し検査を受ける必要があります。タミフル以外の治療法としてはリレンザという吸入薬があり、喘息の発作の時に使用する吸入式の薬があります。小児領域でも制限がないのが特徴です。インフルエンザは発症してから1週間程度潜伏しており、上記のタミフル・リレンザは期間を短縮させてくれます。しかし、発症から時間が経過していると効果が得られないので自然治癒で治すことになります。服薬せずに治療しようとすると、発熱に対して脱水予防をする・アルコールなどの利尿作用のある飲み物は避けるなどの対処療法が最善とされています。高熱に対して、解熱剤を飲むとウイルスに免疫系が働きにくくなるため、治癒期間が延びてしまいます。時間の経過したインフルエンザに対しては安静に身体を休め、自己免疫による治療が重要です。