日本でインフルの感染期間中はタミフル

インフルエンザに罹るのを防ぐには、何といっても予防接種を受けるのが一番です。しかしインフルエンザにはA、BそしてCのタイプがあり、特に感染力の高いA型はその時々でまた様々に変化するため、予防接種を受けていても、その年の流行のタイプに対応していなければ、感染してしまうこともあるのがネックです。そのような場合の予防策として、前もって薬を服用しておくという方法もあります。事前に服用しておくことで、特に抵抗力の弱い子供や高齢者は、未然にインフルエンザを防止できる確率がかなり高くなります。
この場合はまず内科のクリニックに行って、タミフルを処方してもらうのがお勧めです。インフルエンザはいざ罹ってしまうと、熱が高いだけでなく、体の節々や喉が痛んだりもしますので、特に流行している時期は、早め早めに手を打つことが大事です。処方してもらった薬は、必ず医師や薬剤師の指示の元服用するようにして、自分で勝手に分量や、飲む時間を変えたりしないようにしてください。また、インフルエンザと診断されてから処方されるのではないので、健康保険は適用されず、実費負担になりますので注意してください。
タミフルの場合は、かつて異常行動を指摘されたことで、副作用を気にする人も多くいます。しかし薬には、多くの場合副作用がありますし、初期の頃と比べるとかなり改善されていますので、そう神経質になる必要はありません。もしタミフルを服用して気分が悪くなったとか、あるいは異常行動が起こった場合は、すぐ薬を処方してもらった医師に相談するといいでしょう。また万が一に備えて、服用後は、子供の場合は特に、階段などの段差のある場所を移動させる時は注意してあげてください。